2010年01月14日

居酒屋で男が発砲、3人死亡=義母ら撃つ、離婚トラブルか−もう1人も重傷・大阪(時事通信)

 12日午後8時ごろ、大阪府羽曳野市河原城の居酒屋で、男がライフル銃を発砲し、男自身と店の中にいた男女の計3人が死亡、別の男性1人が重傷を負った。大阪府警羽曳野署によると、発砲したのは同市の職業不詳杉浦泰久容疑者(49)。同署は、殺人容疑などで現場の状況を詳しく調べるとともに、死傷者の身元の特定などを急いでいる。
 同署によると、杉浦容疑者は自殺を図ったとみられ、亡くなった女性は同容疑者の義母田中美子さん(66)、男性は店の店員で20代ぐらいという。撃たれた3人は店内に倒れており、同容疑者は店の前で倒れていた。
 近所の住民によると、杉浦容疑者は妻との間で離婚をめぐりトラブルになっていたという。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕多発する銃犯罪
居酒屋で発砲、3人死亡=もう1人も重傷
警官がイノシシ射殺=車にひかれ逃走、2人軽傷
神戸、大阪で貴金属店襲撃か=強盗容疑で2人逮捕
ティファニー強盗、映像公開=女性に案内依頼、飲食も

あきおのブログ
null
まさはるのブログ
g35f1rwsのブログ
日の当たる教室
posted by お笑い会の牛若丸 at 19:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

責任能力など争点に=整理手続きが終了−秋葉原連続殺傷・東京地裁(時事通信)

 東京・秋葉原で2008年6月、17人を無差別に殺傷したとして、殺人罪などに問われた元派遣社員加藤智大被告(27)の公判前整理手続きが8日、東京地裁(村山浩昭裁判長)であり、争点を責任能力などとすることを確認した。
 整理手続きはこの日が最後で、加藤被告も出席した。28日に初公判が開かれる。
 責任能力以外の争点は、殺人未遂罪のうち、ナイフで刺した1人への殺意があったかどうかと、現行犯逮捕しようとした警察官に対する公務執行妨害罪が成立するかどうか。
 加藤被告はこれまで「事件の記憶がない」などと話しており、弁護側は犯行当時の完全責任能力に疑いがあると主張する方針。
 証人として検察側36人、弁護側6人の採用が決まった。 

【関連ニュース】
加藤被告、一部否認へ=責任能力も争う方針
加藤被告の初公判、来年1月に=秋葉原連続殺傷
警官が車に拳銃発砲=運転者の男がけがか
日系ブラジル人を再逮捕=警官襲撃の容疑
女性警官宅侵入の巡査長逮捕=「好意持ち、知りたくて」

j5ojm3wuのブログ
もうすぐ1年大工奮闘記
クレジットカード現金化
モバイル ホームページ
無料携帯ホームページ
posted by お笑い会の牛若丸 at 10:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。