2010年02月11日

北方領土解決へ決意=鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は7日昼、東京都千代田区の九段会館で開かれた「北方領土返還要求全国大会」であいさつし、「政権交代を経ていろいろと行いたいことがあるが、その中でも最も果たしたいのが北方領土問題の解決だ」と決意を述べた。
 大会は毎年、2月7日の「北方領土の日」に開かれており、首相が出席するのが通例。鳩山首相は「ロシアにとっても、日本という経済的、科学技術的に発展している国ともっと仲良くなることで大きなメリットがある」と述べ、ロシア側に解決への努力を呼び掛けた。 

【著者に聞きたい】太朗想史郎さん 『トギオ』(産経新聞)
<診療報酬>明細書付き領収書、10年度から実施 中医協(毎日新聞)
宮古・八重山地方で震度3 震源は石垣島近海(産経新聞)
野良カンガルーの足跡!?撮った!…宮城県大崎市(スポーツ報知)
<春闘>基幹労連、定昇や一時金確保重視へ(毎日新聞)
posted by お笑い会の牛若丸 at 19:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<農業助成金>10年間で5100万円過払い 大分・国東市(毎日新聞)

 農業に不利な条件を抱える地域での農業生産に助成金を支払う「中山間地域等直接支払交付金制度」の運用をめぐり、大分県国東市で10年間にわたって、助成対象ではない農地に対して助成金を支払うなどし、過払い額が計5100万円にのぼることが同市への取材で分かった。同県内では05年に同様の過払いが他の自治体で判明し、県が指導した際にも精査せず、見過ごされたままだった。

 市が過払いしていたのは、同市安岐町(旧安岐町)の28集落(約700世帯)。同制度は00年度に始まり、今年度で10年目。ところが、旧安岐町では、当時の担当者が現地確認などを怠り、(1)助成条件の農業振興地域以外(2)墓や倉庫などを建てた土地(3)途中からコメづくりをやめ、山林や畑になった場所−−にも助成金を支払っていたという。

 06年の合併で国東市が発足した後も、旧安岐町職員が担当していたため過払いが分からなかったが、昨年春に人事異動で他町出身の職員が配属になって問題に気づいたという。市は今後、集落責任者らと過払い分の返還方法などを協議する。

【祝部幹雄】

空き巣50件か、64歳男逮捕=「生活費に使う」−警視庁(時事通信)
池田被告らも保釈 陸山会の土地購入めぐる事件(産経新聞)
宇宙桜を学校・公園に植樹、多摩でプロジェクト(読売新聞)
強姦致傷罪で男に懲役6年=神戸地裁支部の裁判員裁判(時事通信)
反捕鯨団体、2隻で妨害=日本船団を南極海で(時事通信)
posted by お笑い会の牛若丸 at 08:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。