2010年01月21日

菅副総理は外国人参政権に賛成 通常国会提出は明言せず(産経新聞)

 菅直人副総理・財務相は18日午前の記者会見で、政府・民主党が検討している永住外国人への地方参政権(選挙権)付与法案について、「地方については投票権を認めていいのではないかともともと思っている」と述べ、賛成する考えを示した。ただ、通常国会での法案提出については「内閣と民主党、連立政権の他党との相談の中で扱いは決めていくことになる」と語った。同法案には国民新党代表の亀井静香郵政改革・金融相が反対し、法案の通常国会提出には他の閣僚からも慎重な意見が相次いでいる。

【関連記事】
鳩山首相、小沢幹事長の続投「菅副総理と一致」
菅財務相 特会・独法見直しで予算組み替え12日から着手
菅副総理「JAL支援 政府内議論まとめる」  
菅副総理「日米関係が最重要」
菅副総理も陳謝 マニフェスト破りで「約束守れなかった」

<所得隠し>1億1000万円 産地偽装の「魚秀」追徴課税(毎日新聞)
ゆるキャラ 香港で関西PR 大阪で結団式(毎日新聞)
桑田元投手の父宅が全焼=男性遺体発見−浜松(時事通信)
<オードリー>春日さんが骨折 TBSの番組収録中(毎日新聞)
【産経・FNN合同世論調査】「幹事長辞任を」70・7%内閣支持率急落44・3%(産経新聞)
posted by お笑い会の牛若丸 at 20:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。